1.要件定義の登録とそのナビゲーション   all

1−1.「要件のツボ」 の情報の関連

「要件のツボ」 は要件の構造を情報の構造として規定しています。

この情報の関係から情報定義の順序性が生まれます。

同時にこの関係性から各モデルの役割が明確になります。

 

 

 

 

video/entryItem
再生時間:2分24秒

top

1−2.進行と定義内容のナビゲーション

進め方

要件定義をどのような順番で定義すればいいかをナビゲートします。

定義内容

「要件のツボ」では、要件定義をどのような順序で進めていけばよいのかをナビゲートする多彩な仕組みを用意しています。
要件定義の経験の少ない方でも、このナビゲーションを利用すればすぐに作業に入ることができます。
適切な順序に従って要件定義の情報を登録していけるように、要件定義の作業ステップが示されますので、ボタンのクリックにより、順序に沿ってステップ間を移動でき、各ステップにおける問いかけに答える形で要件の情報を登録していきます。
ステップごとに、定義上の視点や注意点が画面上の説明として表示されるので、登録すべき内容をその場で確認しながら作業を進めていくことができます。

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「要件定義の登録」をご参照ください。

top

1−3.入力の順序性

「要件のツボ」 の情報登録の方法は、先に入力している情報を利用して、新たな情報を導出する方式をとります。

このことより素早く精度の高い要件を定義することができます。

この際にも各々の情報の依存関係が重要になります。

依存されるものを先に入力し、それにつなげる形で依存するものを入力します。

top


2.要件の登録   all   

2−1.登録の方式

登録する情報に応じて次の2つの登録機能があります。

登録の方式1
登録の方式2
単独入力

アクターなどの起点となるモデル要素の登録で使用します。テキストエディタのように Enter キーでモデル要素の行を追加しながら、名前と説明のシンプルな入力で効率的に登録できます。

単独で入力するもの
アクター
外部システム
データ

詳しくは、
参照ページ
操作説明書の「単独入力による登録」をご参照ください。

 

導出入力


要求、利用シーンなどの既にあるモデルから導出される各モデル要素の登録で使用します。既に登録済みの情報に基づいて新しいモデル要素の登録を行います。ルールに基づいて情報の洗い出すことができるので、スムーズに要件を導き出せます。

導出形式で入力するもの
要求 アクターから導出
利用シーン アクターから導出
ユースケース 利用シーンorアクターから導出
画面帳票 利用シーンorユースケースorアクターから導出
イベント 外部システムから導出
イベントデータ イベントから導出
機能 ユースケースor画面帳票とイベントから導出

詳しくは、
参照ページ
操作説明書の「導出入力による登録」をご参照ください。

 

項目入力


上記二つの登録方式には、各々項目を入力できるものがあります。

画面・帳票、イベント、イベントデータの各モデル要素に含まれる項目の登録で使用します。

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「項目入力」をご参照ください。

 

top

2−2.単独入力の画面

単独入力画面1
特徴

名前と説明のシンプルな入力
テキストエディターのような操作感を実現するEnterキーでの行追加

 

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「単独入力による登録」をご参照ください。

 

ビデオを視聴する/entrySingle
再生時間:1分51秒
単独入力画面2

top

2−3.導出入力の画面

導出入力の画面1
特徴

・先に入力している情報をもとに情報を入力
・利用シーンはアクターごとの利用シーンとして入力
・情報の洗い出しにルールがあることでスムーズに要件を導き出せる

 

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「導出入力による登録」をご参照ください。

導出入力の画面2

 

導出入力の画面3
導出入力の画面4
導出元を複数もつ入力は導出元毎に入力する


例 (画面・帳票)

  導出元
  ・アクター
  ・利用シーン
  ・ユースケース

画面帳票は3つのモデルから導出可能です。

図の実践のつながっているものが導出可能な線

※データと機能のつながりだけはCRUD図で結びます。

導出元毎にパネルが用意されており、バーをクリックすることでパネルが開きます。

 

 

 

ビデオを視聴する/entryDerive
再生時間:4分15秒

top

2−4.画面・帳票の例

画面・帳票の例
導出の例(画面・帳票)

導出元
 ・アクター
 ・利用シーン
 ・ユースケース

画面帳票は3つのモデルから導出可能です。

 導出するモデルのパネルを開いて入力します。

 

導出の活用

プロジェクト毎に導出するモデルを決め、そのモデルから導出します。用意されている全てのモデルから導出するわけではありません。

 

導出元があるものでも単独で入力可能

導出せずに直接入力する場合は単独入力用のパネルを利用します。

top

2−5.項目入力

項目入力
モデルによっては項目を持つものがあります

社員登録画面における名前や住所などの画面の項目、受信、送信時の項目、社員の名前、 住所まどのデータの項目を以下の3つのモデルで登録することが出来ます。

・画面や帳票の入力項目
・イベントで受け渡される項目
・データの項目

これらの項目についても登録することが可能です。

詳しくは、
参照ページ
操作説明書の「項目入力」をご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

ビデオを視聴する
再生時間:1分59秒

top


3.システムの目的、価値の明確化  all

システムの目的、価値の明確化
要件定義の対象となるシステムの情報を入力

  ・システム名
  ・システムの目的・価値
  ・システムの概要

これらのことを明確にすることでシステム化の方向性を明確にすることができます。

「そもそもこのシステムの価値は何なのか」を考えることはシステムの役割を明確にするために役立ち、要件を決めるときの重要な判断材料になります。

ここで入力した情報は、共通ヘッダー領域に表示されるので、繰り返し確認することができ、常に意識しながら作業を進めることができます。

 

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「システム定義」をご参照ください。

 

ビデオを視聴する/system
再生時間:1分51秒

top


4.要件定義情報を素早く確認  all

システムの目的や要件定義のゴール、マイルストーンのテーマなど、要件定義作業に方向性を与える重要な情報は、「要件のツボ」のすべての画面で共通のヘッダー領域に表示されるようになっています。ツールを使用するメンバー全員が繰り返しこれらの情報を目にすることとなり、基本方針の定着や共通認識の醸成・ベクトル合わせに役立ちます。

操作対象とするパッケージを選択することで、配下の表示をパッケージ単位に制限することができます。重複した情報の更新を避けるために、パッケージ単位で操作するのが有効です。

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「Start 画面と共通事項」をご参照ください。

top


5.簡単な入力と豊富な情報活用   パーソナル、プロジェクト

「要件のツボ」では、各モデル要素共通のシンプルな入力操作で要件を登録でき、登録した情報は共通のモデルデータとしてサーバー上のデータベースで一元管理されます。
ツールの各機能は、このデータに対する多様な表示形態やアクセス手段を提供するもので、共通の要件定義データをさまざまな視点から参照、編集、検証することができます。

すべての機能が共通のモデルデータを利用するため、ある機能の操作結果が自動的に他の機能の表示に反映されるなど、全体の整合が自動的に確保されます。


「要件のツボ」における要件定義のモデルについては、参照ページ操作説明書 要件のツボ」の基礎知識」をご参照ください。

top


6.分析支援ツール  パーソナル、プロジェクト

6−1.要求分析 パーソナル、プロジェクト



詳しくは 、
参照ページ 操作説明書の「要求分析」をご参照ください。

 

「要件のツボ」 は分析支援として「要求分析」「リンク分析」「CRUD分析」の3つのフォームを提供しています。

要件定義に方向性を持たせるためには要求を分析し、システム化で何を目指さないといけないかを明らかにする事が大事です。

「要件のツボ」では、洗い出された要望を分類・整理して要件へと洗練する作業に役立つ「要求分析」機能を備えています。

要求分析では、洗い出された要望を、機能要求、非機能要求、要件といった各カテゴリにコピーしながら分類していくとともに、抽象化(複数の要求の元となる上位の概念を抽出する)やゴール分析(「この要求を満たすためには、この要求とこの要求を満たさす必要がある」という関係を洗い出す)の考え方に基づいて要求を階層化して整理します。
ドラッグアンドドロップの軽快な操作性で、効率よく作業を進めることができます。この分析作業を通じて、要件定義に方向性を持たせ、システム化によって何を目指すのかを明らかにしていきます。

使い方

@ユーザのヒアリング結果を要望として登録画面で入力する

A要求分析を使って入力した要望を機能要求としてコピーし名前をふさわしい形に変更

B階層化して整理

階層化のヒント

ゴール分析

「この要求を満たすためには、この要求とこの要求を満たさないといけない」 ・・・ このような関係を階層化して整理します。

分類化

要求を種類別に分類子わかり安くします。

抽象化

複数の要求の元となる上位の概念を抽象化して洗い出します。

 

 

ビデオを視聴する/reqAnalysis
再生時間:3分21秒

top

6−2.リンク分析 all

リンク分析では各定義情報のつながりをグラフィカルに確認することができます。

マウス操作で関係する部分を強調表示させることや、特定の情報から徐々に展開させていくことが出来ます。

つながりを確認しながら精度をあげていきます。

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「分析:リンク分析」をご参照ください。

 

ビデオを視聴する/linkAnalysis
再生時間:1分26秒

 

top

6−3.CRUD分析 all

様々なシーンで使われるシステムの整合性は最終的にはデータで整合性を確認することになります。

その整合性を確認する手段として機能とデータの関係で確認する方法があります。それがCRUD表です。

機能とデータの関わりを以下の4つの分類で表します。

■Create  ■Read  ■Update  ■Delete

 

データ毎に4つの分類で機能との関わりを見ることで、データのライフサイクルを満たしているかを確認することができます。

データのライフサイクル

データは生成され、参照、更新されて最終的には消滅します。このサイクルがそのままCRUDになります。データ毎にこの4種類の機能が関わることがデータのライフサイクルを満たしていることになります。

例えばRead、Updateは有るのにCreateが無いのはCreateの機能が抜けている可能性を示唆しています。

 

 


再生時間:2分12秒
このようにデータと機能をCRUDとして整理し、データのライフサイクルに着目することで要件の整合性の確認ができます。

top


7.検証支援ツール  パーソナル、プロジェクト

7−1.関連チェック

「要件のツボ」 の要件構造に基づくチェックポイントが用意されており、このチェックポイントに従ってチェックが行われます。
一覧の中からチェックポイントを選択すると、モデル要素間の関連がチェックされ、不整合や矛盾の可能性が見つかるとメッセージが表示されます。

指摘された事項を確認し、必要に応じて修正を行います。
モデル要素間の関連は、この同じ画面上で直接編集できるので、効率的に問題を解決していくことができます。

詳しくは、参照ページ操作説明書の「検証:関連チェック」をご参照ください。

 

ビデオを視聴する/linkCheck
再生時間:1分48秒

top

7−2.項目チェック

項目マッチ
特徴

データ項目の突き合わせを行い項目の抜けを見つけます。
突き合わせは3種類あり各々タブページが用意されます。
それぞれのページで対象要素をクリックして実行ボタンをクリックすると、突き合わせが行われ、対応する項目が一覧に表示されます。

詳しくは、
参照ページ操作説明書の「検証:項目チェック」をご参照ください。

 

画面帳票の項目とデータの項目

・画面帳票の項目がデータの項目と対応していることを確認します。
・データ項目にない場合はデータ項目が抜けている可能性があります。

イベントデータの項目とデータの項目

・イベントデータの項目がデータの項目と対応していることを確認します。
・データ項目にない場合はデータ項目が抜けている可能性があります。

データの項目と画面帳票、イベントデータの項目

・データの項目が画面帳票、イベントデータの項目と対応していることを確認します。
・対応するものが無い場合は無駄な項目、もしくは画面帳票、イベントデータで英気し忘れている可能性があります。

 

ビデオを視聴する/itemCheck
再生時間:2分58秒

top


8.レビュー支援ツール  パーソナル、プロジェクト

8−1.要求マッチ

「要件のツボ」 はレビュー支援として「要求マッチ」「要件レビュー」の二つのフォームを持っています。

作成したモデル要素を、それを考慮した要求に結び付けていくことで、各要求がどれだけ要件定義に反映されているのかを確認します。

ステークホルダーが参加するレビューの場において、この画面を使いながら要求に関わる定義事項をドラッグ アンド ドロップ操作で結び付け、その要求をどのように考慮したかを説明すれば、網羅性や整合性をわかりやすく伝えることができ、承認を得ながら確認と修正を進めることができます。会議を演出する上でも効果的です。


詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「レビュー:要求マッチ」をご参照ください。


ビデオを視聴する/reqMatch
再生時間:2分01秒

top

8−2.要件レビュー


定義内容のレビューを支援するのが「要件レビュー」です。

各モデル情報についてのレビューポイントが示されるとともに、実際に定義した内容がドキュメント形式で表示されます。

この機能は、レビューに不慣れな方を対象に、レビュー作業の観点を提示するために用意しています。レビューポイントを確認しながら、ドキュメントに記載されている情報の意図を説明していく中で、見直すべき点を知るきっかけが得られます。

また、レビュー会議で話す内容を事前に組みたてるときや成果物の説明方法を検討する際などにも利用できます。

「要件のツボ」 で定義する内容はつながりがあるので、そのつながりを利用して説明することで分かりやすい説明ができます。

 

詳しくは、
参照ページ操作説明書「レビュー:要件レビュー」をご参照ください。

 

 

ビデオを視聴する/reqReview
再生時間:1分11秒

top


9.要件定義用テンプレートの登録と定義書の生成  パーソナル、プロジェクト

9−1.要件定義ドキュメント

 

定義した内容はテキスト、XML、HTMLなどのドキュメントとして管理することができます。

テキストはCSV形式にすることで、Excelなどでデータを再利用でき、XMLは定義内容の保存用として活用できます。

成果物のドキュメントとしてHTMLで作成することもできます。

 

利用用途に応じて適切な形式を利用することで、さまざまな用途に定義内容の二次利用ができます。

 

 

top

9−2.ドキュメント生成用テンプレートの登録


「要件のツボ」のドキュメント生成にはすべてテンプレートが使用されます。
テンプレートをカスタマイズまたは追加することで任意の形式のドキュメントを生成できます。

「要件のツボ」では、テンプレートエンジンとして、Javaベースのオープンソースエンジンとして広く使われている Velocity を採用しており、このエンジン用のテンプレートを作成するためのエディタを備えています。

テンプレート内で使用できる変数や関数などの情報を見ながら、テンプレートの作成や編集を行うことができます。

top


10.ブラウザからのドキュメント参照   パーソナル、プロジェクト

ブラウザからのドキュメント参照
ブラウザーのURLに以下のアドレスを入力することで定義情報を参照することができます。

http://localhost:8080/webapp/doc/index.html
localhost:     サーバー名
8080        ポート番号(サーバーで設定)
/webapp/doc  固定
/index.html    メニュー画面
   (templateフォルダーに保持)

複数ユーザから参照することができます。
呼び出したときにドキュメントを生成するので、その時の最新の情報が参照できます。

top


11.マルチユーザによる要件登録機能  プロジェクトのみ

11−1.複数人で使用

クライアントにブラウザーを使うことで、複数人で複数画面で情報を扱えます。

要件を全てDBで一元管理しているので、要件がどこからでも直ぐに最新の情報を確認出来ます。

同時に各情報を関連づけて管理しているので、情報単体ではなく、つながりとして要件を捉えやすくしています。

全体を確認する画面もあるので、どこまで進んでいるかも一目で分かります。

top

11−2.ログイン

ログイン


「要件のツボ」では、ログイン認証をサポートしており、特定のユーザー名とパスワードを入力したユーザーのみに利用を限定することができます。
要件定義の各種機能のほか、ネットワーク上に公開される生成ドキュメントへのアクセスも同様に制限できます。

「要件のツボ」のフォルダー内にある「user.xml」にユーザIDとパスワードを設定することでログイン画面が表示されるようになります。

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「ログイン」をご参照ください。


top

  

12.要件定義工程を管理するマイルストーンの登録  プロジェクトのみ

 

要件定義をスムーズに進めるためには、工程を区切り、期間毎のテーマを決め、メンバーの方向性を揃えて作業することが重要です。

 

 

 

ビデオを視聴する/process
再生時間:3分11秒

12−1.マイルストーンの登録

そのために 「要件のツボ」 ではマイルストーンを定義でき、そのマイルストーンのテーマを 「要件のツボ」 のヘッダーに表示し各メンバーがいつでも確認出来るようにします。

「要件のツボ」 はそのマイルストーンの候補を用意し、どのようなマイルストーンを定義すればいいかのヒントを与えます。

top

12−2.マイルストーン毎のアドバイス

「要件のツボ」 には予めマイルストーンの候補が登録されています。

 

その中には各モデル毎のアドバイスを用意しており、ここにチェックされたものがモデル別にアドバイスとして表示されます。

top

  

13.定義情報のオーバービューを表示する   プロジェクトのみ

要件定義の全情報を一覧することで、今どこまで定義されているかを把握することができます。

 

各情報は4つの視点毎に配置されているので、一目でそれらの情報の位置づけを理解でき、その上で定義内容を確認することができます。

 

また、パッケージ毎の表示もできるのでシステム全体、パッケージ単位など任意の単位で確認ができます。

 

 

 

 

 

ビデオを視聴する/overview
再生時間:1分40秒

top


14.用語集   プロジェクトのみ

用語集

「要件のツボ」では、用語の統一を図るための用語集機能を備えています。また、用語の登録に先立ち、現在の要件定義における用語法を確認するための検索機能も用意されています。

メンバー間の円滑なコミュニケーションのためには、プロジェクトで使用する言葉の意味を明確に定義して共有するとともに、用語のゆれを防ぐことが重要です。
「要件のツボ」の用語集機能では、プロジェクトで使用する用語を登録できます。
登録済みの用語は、名前や索引で絞り込んで一覧表示し、定義内容を確認できます。


また、用語登録にあたって、登録済みの用語、既存のモデル要素やカテゴリを検索することもできます。
名前の中に検索語句が含まれるものがまとめて一覧表示されます。

 

詳しくは、
参照ページ操作説明書「用語集」をご参照ください。

ビデオを視聴する/glossary1  ビデオを視聴する/glossary2
再生時間:1分45秒   再生時間:1分11秒

top


15.システムの分割とパッケージによる絞り込み プロジェクトのみ

機能16−1

 

 

 

規模の大きなシステムの場合は要件定義の段階からサブシステムに分割します。

「要件のツボ」ではサブシステムをパッケージを使って表現します。
パッケージ登録では以下の機能があります。

 ・パッケージの登録

 ・カテゴリの登録

 ・パッケージ間のつながりをグラフィカルに表示する

 ・モデル間の具体的なつながりを表示する

 ・モデルをパッケージ間で移動可能

サブシステムは凝集度を高め、結合度を下げる必要があります。定義したモデル情報をパッケージ間で移動させることによりパッケージ間の関係を変えます。

 

定義したパッケージは、要件登録とオーバービューの各画面にある表示パッケージ選択ボックスに反映されます。
表示パッケージを選択すると、それぞれの画面に表示されるモデル要素を絞り込むことができます。

 

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「システム定義」をご参照ください。

パッケージ
再生時間:2分24秒

 

top


16.振る舞いのルール化 プロジェクトのみ

ビジネス上のルールのうち、振る舞いに関わるものを状態の変化として定義します 。

例) オークションサイトでの利用者のルールを状態として表したもの

利用者はオークションに参加し一番高い価格で入札した場合は落札し、より高い価格で入札した人が他にいれば未落札となる。これに関わる一連のルールを振るまいとして定義します。

状態としては大きく「オークション開始」と「オークション終了」の二つの状態があり、各々その中に内部状態として「オークションに参加」「入札」「落札」「未落札」の状態をもちます。これが利用者が取り得る状態と考えます。
最初の状態として「オークションに参加」があり、終わりの状態として「落札」「未落札」の二つのうちどちらかの状態で終了します。

各状態の遷移を引き起こすのが「画面・帳票」「イベント」だと考えます。
この場合は「入札画面」と「オークション終了」イベントの二つが遷移を引き起こします。

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「プロトコル」をご参照ください。

プロトコル
再生時間:1分31秒

top

 


17.定義情報を Excel に出力する プロジェクト

定義した情報をExceに出力できます。

分析表には定義した情報がすべて含まれ、再利用しやすいように構成されています。パッケージ間、カテゴリ間、モデル間の関係を分析するシートが含まれています。

CLUD表は機能とデータの関係をピボットテーブルで分析できます。

定義表として6種類のExcelファイルが用意されています。

 

出力するファイル

[分析]

  ・分析表(allmodel.xlsx)

  ・CRUD表(crud.xlsx)

[定義]

  ・ユースケース定義(usecase.xlsx)

  ・画面・帳票定義(io.xlsx)

  ・機能定義(fun.xlsx)

  ・データ定義(data.xlsx)

  ・イベント定義(event.xlsx)

  ・イベントデータ定義(eventdata.xlsx)

 

カスタマイズ

テンプレートを変更することで、書式、出力位置の変更が可能です。

 

 

詳しくは、
参照ページ 操作説明書の「Excelへの出力」をご参照ください。

プロトコル
再生時間:24秒

top