要件定義支援ツール「要件のツボ」操作説明書

HOME > 要件定義/単独入力による登録  

単独入力による登録

「要件のツボ」では、単独入力導出入力という2種類の方法で要件項目の登録を行います。ここでは、単独入力の操作手順について説明します。単独入力は、名前のとおり、新しいモデル要素の情報を単独で入力して要件を登録する方法です。

次の3種類のモデル要素で単独入力を使用します。

   アクター、 外部システム、 データ 

以下では、アクターを例に単独入力の画面と操作手順を説明します。

アクター以外の種類の要素でも画面の基本的な内容や操作手順は同じです。

操作手順

画面説明

単独入力の登録フォーム

単独入力では、登録フォームに最初から情報を入力します。
1列目:図中(1) モデル要素の名前を入力します。
1列目(モデル要素の名前を入力する欄)にカーソルが表示されている状態で Enter キーを押すと、カーソルが次の行に移動します。
最後の行では新しい行が追加されます。また、上下の方向キーでカーソル行を移動できます。
名前と説明の両方を空欄にして保存すると、削除とみなされます。
2列目:図中(2) モデル要素の概要や役割などの説明を入力します。
3列目:図中(3) モデル要素を削除します。
ページの先頭に戻る

操作手順

1. 登録手順の呼び出し

[定義順序/このモデルでの定義内容] ペインのボタンをクリックして登録フォームを呼び出します。登録フォームが全画面表示されます。
ページの先頭に戻る

 

2. モデル要素の新規追加

[+] ボタンをクリックしてモデル要素を新規追加します。新しい行が追加されます。名前の入力ボックスにカーソルが表示されている状態で Enter キーを押してもモデル要素を追加できます。
ページの先頭に戻る

3. 各項目の情報の入力

モデル要素の名前(1列目)と説明(2列目)の情報を入力します。
ページの先頭に戻る

 

4. モデル要素の削除

追加したモデル要素を削除するには、[削除] ボタンをクリックします。 ※保存するまではDB上には反映しません。
ページの先頭に戻る

 

5. 情報の保存

追加操作が一通り終わったら、[保存] ボタンをクリックして保存します。
[保存/閉じる] ボタンをクリックすると、保存するとともに入力フォームを閉じます。

※フォーム単位で入出力するので、複数の端末で同じモデルの同じカテゴリの要素を同時に保存すると、一方の変更内容が他方で上書きされる可能性があるので注意してください。
ページの先頭に戻る