要件定義支援ツール「要件のツボ」操作説明書

HOME >  要件定義/パッケージ登録 

パッケージ登録

画面説明 操作手順

 

 

・パッケージの登録とカテゴリーの登録を行い、定義情報を入れる器を用意します。

・要件定義を行った後にパッケージ間の関係を確認し、結合度を把握します。

・結合度を調整するために定義情報をパッケージ間で移動させパッケージ間の関係を少なくします。

 

画面説明

 

 

 

 

 

要件のツボの情報構造

情報構造 要件のツボでは定義情報をパッケージとカテゴリーの2種類で管理します。
パッケージは各モデル情報をカテゴリー別に保持し、カテゴーリはモデルの定義情報を管理する単位になります。


モデル情報とは要求や利用シーンなどの定義情報の種類を表します。
パッケージをサブシステムに対応付け、カテゴリーは定義のまとまりとして利用します。


パッケージ登録ではパッケージの登録とカテゴリーの登録の機能を持ちます。同時にモデルの定義情報をカテゴリー間、パッケージ間で移動する機能を持ちます

 

ページの先頭に戻る

操作手順

パッケージの追加・カテゴリーの追加

パッケージ追加
パッケージ追加用のダイアログを表示

 

カテゴリ追加
カテゴリー追加用ダイアログを表示

 

変更
選択されたパッケージ、カテゴりーのダイアログを表示

 

削除 
選択されたパッケージ、カテゴリーの削除

 

 

ページの先頭に戻る

パッケージの作成・カテゴリーの作成

パッケージの作成
「パッケージ追加」「変更」のクリックにより表示される
追加されたパッケージは各モデルに表示される
カテゴリーの作成
 「カテゴリー追加」「変更」のクリックにより表示される
 追加されたカテゴリーは各モデルに表示される
削除
 選択されたパッケージ、カテゴリーを削除する確認画面が表示される。

 

ページの先頭に戻る

パッケージ間の関係


パッケージの関係を調べる時の対象となるモデルを選択。
再読込
選択したモデル間の関係を調べパッケージ間の関係として表示する。

パッケージ間の関係を線で示す。

ユースケースと画面・帳票の二つだけが選択された場合は、その二つのモデルでパッケージをまたぐものが線として表示されます。

 

ページの先頭に戻る

パッケージ間の関係の調整

パッケージの関係を調べ、その関係を調整する。
(A)つながりのあるパッケージをペアを一覧として表示。任意のペアを選択すると(B)に詳細が表示される。

任意の行を選択する(B’)(C)に対応するモデルのペアが二つのタブとして表示される。

タブには(B’)で選択されたモデルが一覧で表示される(D)
左タブ:ユースケース
右タブ:画面・帳票

このパネルでモデルをパッケージ間で移動させる(E)とパッケージのつながりが変化する。
この操作を繰り返しパッケージの結合度と凝集度を調整する。

 

ページの先頭に戻る