要件定義支援ツール「要件のツボ」チュートリアル

8.Excel出力/HTML生成

「要件のツボ」で作成した要件定義データは、最終的にドキュメントとして生成することができます。

チュートリアル8では、要件定義ドキュメントの生成手順を説明します。

1. 会議室予約DBの設定

ここまでのチュートリアルで入力したデータだけでは、ドキュメント生成のサンプルとしてはデータの数や種類が少ないので、ここではカレントDBをいったん会議室予約DBに設定します。
図8-1

 

はじめにサービスを停止します。

①「会議室予約DB.odb」を選択します。

②[Service Start] をクリックしてサービスを開始します。

 

ページの先頭に戻る

2. Excelへの出力

図8-4 [Excel] ボタンをクリックします。

 

 

 

生成したExcelのファイル(xlsx)をダウンロードします。

 

8種類のExcelブックを出力できます。
※れいあうとはテンプレートで変更できます。

 

 

 

 

 

 

 

Excelの出力

ページの先頭に戻る

 

3. HTMLドキュメントの生成

図8-4 [ドキュメント] ボタンをクリックします。

 

 

図8-5 現在の要件定義データの内容がデフォルトのテンプレートに基づいて変換され、HTML形式のドキュメント生成されて、ブラウザの別ウィンドウ(タブ)に表示されます。

 

 

※別ウィンドウが表示されない場合は、ブラウザのセキュリティ設定でポップアップを許可してください。

※パーソナル版、プロジェクト版では、テンプレートのカスタマイズが可能です。

ページの先頭に戻る