このページでは、エンタープライズアーキテクト(EnterprizeArchtect社)で作成したリレーションシップ駆動要件分析を使った要件定義のサンプルをご紹介します。 (HTMLで出力)

サンプル1 : Webベースの観光地紹介サイトの要件定義

コンテキストモデルで関係者を洗い出し、その関係者と結びつく業務モデルを作成。業務モデルでは情報の表示と企画、広告管理の3つの業務を表している。この要件定義では利用シーンで具体的なイメージを作りながら、要求モデルを作成。
この繰り返しにより要求とユースケースを洗練化した。

サンプル1

  >> サンプルを実際に見てみる

サンプル2 : RDRA用ビューワーの要件定義

リレーションシップ駆動要件分析で作成したEnterprizeArchtectのモデルファイルを読み込み要件定義の視点やダイアグラムの視点から検証するツール。
ツールのため業務モデルはなく、利用シーンから他のダイアグラムを作成。

サンプル1

  >> サンプルを実際に見てみる